NHKラジオ まいにちドイツ語連載YAB仕事, タッチC, 人物, 女性, 男性, 風景

雑誌『NHKラジオ まいにちドイツ語』NHK出版 2013年4月号〜9月号の半年間、中面イラストを担当しました。
資生堂のハリ子さんのタッチでご依頼いただきました。
物語は大学生ぐらいの男女が主要登場人物で、日本人もドイツ人も出てきます。そのうちの日本人風女性が実はかぐや姫にルーツがある、つまり月の世界から来ている…というちょっと不思議な設定でした。

「カフェで話合う4人」や「駅の窓口で切符を買うヒカリとアンネ」「フランクフルト空港内の4人」…など指定をもとに描いています。


NHKラジオ まいにちドイツ語 2013年4月号

内容紹介

基礎を養う入門編。資料を読み解きながらドイツと日本の関わりを学ぶ応用編

入門編は、スキットに登場する若い人たちの会話から、初級文法項目をやさしく学びます。
応用編はドイツ語で書かれた資料を読み解きながら、江戸時代以降のドイツと日本の交流をたどります。

■今月のテーマ
【入門編(月~水)】
「月の光ソナタ―ヒカリとあきら」
■講師:柿沼義孝

【応用編(木・金)】
「ドイツ語が見てきたNIPPON」
■講師:相澤啓一/ラインハルト・ツェルナー
※応用編は、2011年4~9月の再放送です。
この雑誌について
初歩から日常会話まで生きたドイツ語を


2013/02/15